Skip to content →

murmur

  • 2020年1月18日 17:57

    今夕はこれ。北海道新十津川のお酒。一口目にグッと来る風味を人はどう言いあらわすのだろう。

  • 2020年1月18日 00:21

    海の上に紅い月。2時間半まえ22時頃に下弦だった。

  • 2020年1月17日 18:03

    14日午後くしゃみと鼻水が止まらずそのまま風邪に。きょうようやく脱する。

  • 2020年1月17日 17:58

    シルバリーヒルの絵を見て、2015年につくったアイコンを思いだす。雨雲が低く垂れ込め、いまにも雨が降り出しそうなある日、古墳の跡を探して歩いた。

  • 2020年1月17日 17:44

    こういうアートも日本で生まれているのだろう。まだなら、生まれてゆくのだろう。紀元前2400年、埋葬のないマウンド。

  • 2020年1月15日 20:20

    リクエストして、きょう届いた本。釧路の図書館から借りてくださった。
    写真1枚目:「月舘勝代」とは何だろう。人名か?
    写真2枚目:はじめて見る。こっそり持ち出すとブーッと鳴るのだろうか?ペットのマイクロチップみたい。にしては大きすぎるが。ダミーかも。
    写真3枚目:検印、篆書体、大好き。

  • 2020年1月15日 19:47

    お店の棚が少し変わっていた。そこでははじめて見る「こんぴらさんの」というキャッチフレーズに惹かれて「金陵濃藍純米吟醸」。香川県は学生時代に小豆島へ行ったきり。

  • 2020年1月13日 22:49

    下は、何年か前Pinterestにピンした好きな作品。同じ作者の別の作品(Ploughing)に今夜出遭った。
    Gwenda Morgan: Midwinter & The Changing Year

  • 2020年1月13日 21:12

    〔備忘録〕Gwenda Morgan. “Ploughing”; wood engraving on buff paper; 1946 (left).

    “November”: Ploughing print by Clare Leighton, 1933.

    #PloughMondayは、1月6日以降の第1月曜日であり、クリスマスの12日間が過ぎた後、物事が通常に戻る日でした。 @ZwartblesIE

    グウェンダモーガン。「すき」;バフ紙に木彫り。 1946(左)。

    「11月」:クレアレイトンによる耕作、1933年。

  • 2020年1月13日 14:44

    〔備忘録〕pseudoneglect
    https://scienmag.com/?p=1693251

Top