20 11月 2011

せうそこ

Posted by fische on 11/20 at 12:03 AM
(1) CommentsPermalink

きょう、激しい雨の中、先生のお墓を探しに八事へゆく。しかし見つからない。お墓参りした記憶、光景はゆめまぼろしだったのか。だとしたら、きょうのわたしは、子どもの頃のように、夢遊病の人である。

そして、先生のお宅はなくなっていた。奥さま、先生のお姉さまもの姿も見えない。

写真の中段あたり、白のネットフェンスに囲われた場所に、先生のおうちが建っていた。それより手前、自動車の停まる場所から植栽を経て一番下の駐車場までは、左側の道路のようになだらかな斜面で、鬱蒼とした木立にツバキがなどがきれいに咲く、このあたりの丘陵の旧の景観を残す場所であった。ここに、あの宝篋印塔の基礎も置かれてあった。

隣家の人に、5年ほど前までのようすを教えていただく。消息(せうそこ)は不明。もうお会いできないのだろう。

categories: archaeology miscellaneous • tags: