21 6月 2017

夏の遺跡(抄)

Posted by fische on 06/21 at 03:00 AM
(0) CommentsPermalink

赤土の台地の上で
もう一度あの人に会おう
汗水をぬぐって
時を恋焦がれて
夏は胸の奥で忘れられている
夏ははるか彼方でぼくらを待っている

「あの人」には、もちろん池田陸介先生もいらっしゃいます。

categories: archaeology homage music • tags: