2 1月 2013

追悼 小原博樹さん

Posted by fische on 01/02 at 10:56 PM
(0) CommentsPermalink

1970年代初頭―1972年だったと思う―、秀吉の朝鮮出兵に関する批判的な内容のプリントを抱え、小原さんは私の前にあらわれた。それを受けて私は、小原さんに市民の会を紹介した。市民の会の対市交渉ではじめて帝冠様式の市役所に入ったとき、市立中学校の教員なのに市の教育委員会に向かう姿は、高校生の私には異形だった。ついでに言うと、鳴海駅近くの暗い下宿にうかがったとき、夏だったからか、布団やベッドでなくリクライニングの長椅子を、ハンモックのようにして寝床にしていたのも奇異だった。

交流で朝鮮高校に行ったとき、高校生に混じって同行した小原さんは、壁に貼られた時間割表を観て「ああ、国語ね。ウリマルって書いてある」と、いつもの独り言のように言っていた。考古学を専攻して朝鮮現代史をも主題にするというのは、いまでは営業的にありふれた光景だが、40年前はそうでなかった。

categories: • tags: