15 8月 2009

お盆

Posted by fische on 08/15 at 11:04 PM
(1) CommentsPermalink

この時期、竜泉寺をこえて吉根、志段味にゆくとき、家々の入り口で、迎え火、送り火を焚いているのを見た。

もっと以前、住んでいる場所から50メートルも行かないところに川があった。ちいさい用水、惣兵衛川。灯ろう流しがおこなわれて、よく見た。あれはお盆のことだったのだろうか。誰が、どこが主催していたのだろう。そこから引っ越して、いつしか忘れてしまったが、もうおこなわれていないのだろうか。

夏の歌でした。8月15日の歌かも知れません。

夜の光

街のともしび 闇のなかに浮かぶ
海底に沈む 宝石のように
 歩いてゆこう ぼくの命は
 駆け抜けていった きみの光のあとを

遠くゆく夜汽車の 窓あかり数える
汽笛がぼくを 運ぶよまっすぐに
 歩いてゆこう ぼくの命は
 駆け抜けていった きみの光のあとを

移りゆく景色に 百の物語を
汽車の窓から ぼくたちは見たよね
 憶えていよう ぼくの命は
 柔らかいきみの 光のなかにある

川面に揺れる 幾千のあかりが
流れて空の またたく星になる
 憶えていよう ぼくの命は
 柔らかいきみの 光のなかにある

categories: music season • tags: