Category: town & city

9 6月 2011

知多逍遥遊

Posted by fische on 06/09 at 02:36 AM
(0) CommentsPermalink

  • 鯛のあら炊き、しかもカマの美味しいことを知る。家庭で作れるだろうか。
  • 子どものころ、海水浴にゆく途中に通った「小鈴谷」の地にあった暗く深い谷のような場所と船の形のビルの、現在を教えてもらう。わたしが大きくなったためか谷の深さは減じ明るくなっていたが、船のビルは廃墟のようにしてそこにあった。もう一度行こう!
  • 子どものとき、字面から「こすずだに」と呼んでいた「小鈴谷」を「こすがや」と言えるようになる。「ひぶみだに」だった「碑文谷」が「ひもんや」と言えるようになったのと同じように。もうひとつ、幼稚園、小学生の頃、市電の行き先を示す前面のプレート「大曽根」が「大冒根」に見えて、「だいぼうね」と呼んでいたこともあった。「おおぞね」と言えるようになってもなお、「だいぼうね」の音が心をよぎり、何のことだったかと記憶をたどることが長らくあった。
  • 鬼崎の海苔の美味しいことを北海道に行ってから知ったが、おなじ常滑の小鈴谷の海苔も美味しいとのことで、漁協の直売で買う。貧しても海苔とお茶はよいものを、美味しいものを、というのが母の文化だった。
  • 動物園の喧噪に対し、植物園の静寂を思う。動物園は娯楽からの牽引力を強く受け、植物園は学問からの牽引力を受けてきた、という意味。ふと、このことを口にして、それを聞いた、植物園園長をお父上にもつ、動物園の元学芸員氏が一瞬不思議そうなお顔をされたように見えた。
  • 木造三階建ての、現役の建物を見た。古そうな建物、コンクリート芸術とわたしが呼ぶ橋の欄干、親柱もたくさん。もっともっと行こう!
  • 知多半島は、大きく変わることなく、やわらかな地形を広げていた。

categories: miscellaneous town & city • tags:

1 8月 2010

陶器館あるいは舜陶館

Posted by fische on 08/01 at 12:00 AM
(0) CommentsPermalink

好きじゃなかった、その瀬戸に行ったのは、明治16年にできた「陶器館(舜陶館)」のことを調べるため。そうは言っても、事前調査もよくせぬままのゆきあたりばったり。「こういう組織しない調査は、スリリングで楽しかったりする」とは、知識人や芸術家の詐欺まがいのレトリック。同館のことは前から知っていたものの、くどいようだが瀬戸が好きでなかったため、調べる気も起こらなかったという次第。
当日は月曜日だったので図書館は休みだろうと思い(瀬戸市の図書館が月曜休館でないことはのちに知るところとなる)、市役所ならば市史ぐらいは閲覧できるはずと踏んで最初に向かう。市政情報コーナーで市史の資料編を閲覧、関係する箇所を複写し、つぎに産業課へ行って同館のことをたずねる。若い職員が在席するのみで用を為さず、次なる目標、観光課の所在を聞く。「瀬戸蔵」がそれだと言う。
瀬戸蔵にゆくと、市史の通史編が刊行されたばかり(!!)であること、陶器館の建物が復原されて存すること、などを教えられる。瀬戸蔵から歩いてゆける場所にあるとの由で、次に向かった先が写真の建物。「瀬戸市新世紀工芸館」の施設の一部(展示棟)となっている。傾斜地の狭隘な場所に建てられているため撮影する際の引きがとれず、さらに周囲に高い建物もあって、正面から全容を識るのは困難という立地。もともとは瀬戸蔵が建っている場所の西端あたりにあったため、広い通りと川に面し、往時はそのモダンな容姿が人々の目を惹いたことと思う。賑やかだっただろう。瀬戸蔵の職員は、これを陶器館の建物とわたくしに告げたが、実は大正3年に建てられた二代目で、明治16年の初代ではなかった。ちなみに、初代の東に隣接して二代目は建てられるのであった。
午後の短い時間ながら、だいたいのことはわかった。時間的、地理的な遠近感を得たという意味である。陶器館のことをさらに調査研究するつもりはない。そういうこと――同館の古写真をさがすとか、陳列されていた陶磁器の所在調査とか――は、郷土研究はじめ個別実証主義がになうであろう。当座のわたくしの必要に即したことがらは小文に短く書いて出稿したところで、9月末には活字になる予定。
image

categories: town & city • tags:

23 7月 2010

瀬戸

Posted by fische on 07/23 at 12:05 AM
(0) CommentsPermalink

物心ついてから瀬戸が好きでなかった。理由はよくわからないが、そのモノカルチャーな感じから来していたような気がする。外部に対しそのように宣伝し、外部はそのようにみなし、わたくしも外部そのままであった。このコードに照らすと、わたくしの好きでない町や地域の多くの、その理由を説明することができると思う。しかし、そのような瀬戸であっても、内部をゆけば遭遇する、こうしたディテールは好きである。
image

categories: town & city • tags:

21 7月 2010

アーケード商店街を思う。

Posted by fische on 07/21 at 12:57 AM
(0) CommentsPermalink

imageアーケード商店街と言えば、名古屋の円頓寺や大須に今は亡き大曽根、大阪の天神橋筋や淡路、飛田、神戸の三宮、明石の魚の棚などを思い起こすが、いずれも道幅は広い。それが普通と思ってきたからだろうが、ふらっとのぞいた瀬戸の商店街の道幅は狭かった(写真)。横浜の六角橋、もっと狭くなると神戸は元町の高架下のような印象。
広い道幅が、集客の大なることを、店主たちに期待させる。おそらく過大に。それが物理的、心理的に前提となり、大曽根は失敗したし、大須は成功した。しかし、この狭さでは、集客の大なることが過大に期待されることはないのではないか。そこそこの通行人が居て、そのうちのいくらかが客となれば了というような――商店街関係者だけによる商品のサーキュレーションでもよい――、道幅の狭さを前提するアーケード商店街は、〈変わりのない、何もない日常〉に続いているように思えた。

categories: town & city • tags:

13 7月 2010

瀬戸の木造3階建て

Posted by fische on 07/13 at 06:34 PM
(2) CommentsPermalink

1年前のきょう、「名古屋で唯一の「木造3階建て」」という記事をポストしたので、ことしは「瀬戸の木造3階建て」を。6月21日、瀬戸に行ったときに遭遇。あるところにはあるもの。ほかに、新城市の山の中でも去年見た。傾斜地に建てられた、一方が2階、他方が3階の木造建物。これは写真を撮っていない。いずれまた。
image

categories: town & city • tags:

Page 3 of 8 pages  < 1 2 3 4 5 >  Last ›