Category: archaeology

29 9月 2011

夏の遺跡(2)

Posted by fische on 09/29 at 07:37 PM
(0) CommentsPermalink

ちょうど40年前、1971年の夏に見晴台遺跡第9次発掘調査があった。高校1年生の私にはとても賑やかに見えた。低地から天の開けた台地上に移ったことや、前年1970年に調査がなかったこと、末岡熙章先生引率の高蔵高校女子生徒が参加していたことなどがあったからであろう。10次はもっと賑やかだったが、その前兆であったといまになって思う。

見晴台遺跡発掘調査の長い歴史のなかで、1972年の10次調査は新しい考え方と新しい体制とを掲げるものとして正しく記憶されてよいが、その原形が9次にあった。一方でその9次は、1~8次の性格をも継続していた。見晴台遺跡の保存活用を旨として1963年に組織された民間の名古屋考古学会があり、9次までの調査団団長を同会会長の吉田富夫先生がつとめられたことがこれをを象徴する。そして、9次から文化財保護行政を担当する専門職員が登場した。ふたりが同席した見晴台は9次が最初で最後であった。

日常は無分別にだらだら続いていくようでいて、時として「ここが時代の画期である」と指し示すことのできる一点のあらわれることがある。私は10次よりも、アモルファスな9次にそれを認めたい。分水嶺であった、と。

私は8・9・10・11次の調査に参加したが、中心は9次にあった。参加日数も多かったし、写真もたくさん撮っていて、それは調査後、東山荘における秋の遺物整理まで続いた。私の考古学の性格を決定したのは紛うことなく岡本俊朗さんや齋藤宏さんのいた10次だが、9次はたどり着けない未来のようにしていつもあり、その中心に吉田先生がいらっしゃる。

写真は、グリッドを設定し表土層を剥ぎ始めた調査初日頃のもの。一番手前が吉田先生、一番高い位置にいるのが井上光夫さん、その右隣の眼鏡の人が桜井隆司さん。おふたりともいまでは定年退職されてしばらくが経つ。同じ時の別の写真はこちら。(つづく)

categories: archaeology homage season • tags:

7 8月 2011

夏の遺跡

Posted by fische on 08/07 at 01:26 AM
(0) CommentsPermalink

しばらく吉田富夫先生のことを思い出していた。名古屋の考古学者の―。1969年の見晴台遺跡第8次発掘調査に参加したときが、お目にかかった最初だと思う。中学2年の夏のこと。

記憶に鮮やかなのは、1971年7月28日から8月15日にかけて実施された見晴台遺跡第9次調査である。期間中のある日、杉戸清名古屋市長が来られ、台地の上、南の方を向いてふたりで立ち話をされていた。先生が遺跡の説明をされていたのであろう。7月19日、市長が笠寺公園の歴史公園としてのマスタープランを発表したばかりだった。吉田先生にとってもひとつのピークだったに違いない。マスコミの取材にも嬉しそうなお顔をして写真におさまっていらっしゃった。

しかし、その年の11月21日、先生は急逝されてしまう。59歳。私が知っているのは、57歳からの先生であり、いまの私と2歳違うだけだが、中学2年から高校1年の私には、もっとずっとおじいさんに見えた。

いつだったか、見晴台遺跡発掘調査からの帰りだっただろうか。名鉄名古屋駅の広い階段でお見かけした先生、聞こえたのは荒い息づかいだった。(つづく)

categories: archaeology homage season • tags:

15 7月 2010

亡霊とトンデモ。

Posted by fische on 07/15 at 07:59 PM
(0) CommentsPermalink

20年前の亡霊と再会したお話。どちらのブログに書こうかちょっと迷ったけれどこちらで。名古屋滞在中、自宅に届けられた。著者からの贈呈だが、出版社が事務的に発送したもの。写真はその部分。いまはスケートリンク、その前は球場、その前はお寺の境内(後園の墓地)だったところに、かつて古墳があった。戦後のどさくさで壊されてしまったため不明な点が多く、状況証拠を用いて推測されてきた。で、この本の著者が書く、「しかし」以降後半4行。お寺の大きさにあわせて古墳がつかられたかのような弁。おお!! いったいどのようにしたら、寺にあわせて古墳をつくることができると言うのか。つくられたのは、古墳がおよそ1400年前、寺がおよそ400年前。1000年前に1000年後が見透せるという論理。タイムマシンがあったのか? はたまた宇宙人か? これすなわちトンデモ。orz
image

categories: archaeology • tags:

22 2月 2009

「夏の遺跡」〔最終形〕

Posted by fische on 02/22 at 11:29 PM
(0) CommentsPermalink

今年のきょうこの日も終わろうとしています。
しばらく、ほかごとに傾注しながら、「夏の遺跡」を断続的に考えてきました。これにて最終形(候補かも)です。

categories: archaeology music • tags:

13 2月 2009

遺跡、書店、書皮

Posted by fische on 02/13 at 01:27 AM
(0) CommentsPermalink

image「夏の遺跡」を構想している途上、二冊の本を参照していた。そこにある記述がどうの、ということではなく、挿絵をながめていた。その景色は、以前現地で見たときの圧倒的な迫力はないけれど、想起する手がかり。この本に接したのち、現地へいったはずなので、現地で見た印象は、この本の挿絵の延長にあったということもあるのだろう。もういちど、行ってみたいなあ。(が、ずいぶん整備されてしまっているようで、印象は違うのかもしれない。)
ところで当該の二冊とは、1968年と1969年に刊行された同一の著者による本。1969年の方は書皮をもつ。「合資会社/押切堂書店」とある。検索してみたら、いまも続いている。電話番号も変わっていない。高校生になるとこの種の本は買わなくなるので、刊行当時に入手したのだろう。しかし、中学生だったわたくしが、この本屋でこの本を購入した経緯はわからない。バス通学の経路ではあったが、この付近で降りることは基本的になかったはず。思い出せない。押切、西区役所、浄心、上更・・・。そして、この本屋が40年続いているのはよいこと。が、学校などに図書をおさめている書店であれば、戦後に(さらには戦前にも)ふつうにあり得ることなのだろう。ゆるい意味での「護送船団方式」、教育主義的な、と言えるだろうか。
そしてもうひとつ、書皮。以前、『書皮報』というミニコミ誌と、それを出している人たちのことを聞かされることがよくあったが、これも検索するとちゃんとある。「書皮友好協会」。1983年頃から活動しているようなので、その直後くらいに教えられたことになる。これも、よい。

categories: archaeology miscellaneous music • tags:

Page 3 of 5 pages  < 1 2 3 4 5 >