Category: insect

3 8月 2013

夏の遺骸

Posted by fische on 08/03 at 02:13 AM
(0) CommentsPermalink


路上に落ちる蝶。海風が翅を回転させている。

7月28日、ミヤマカラスアゲハは触覚も身体もある。クルマに撥ねられたのだろう。7月30日、エゾスジグロシロチョウには身体がない。鳥に食べられてしまったのだろうか。先日のオオミズアオも想起して。

美しい。

categories: cycling insect season • tags:

2 9月 2012

昆虫小記

Posted by fische on 09/02 at 05:34 PM
(0) CommentsPermalink

アジアイトトンボ、名古屋市守山区中志段味沢田、2012年9月1日ハグロトンボ、名古屋市守山区中志段味沢田、2012年9月1日マメコガネ、名古屋市守山区中志段味沢田、2012年9月1日キチョウ、名古屋市守山区中志段味沢田、2012年9月1日

categories: insect • tags:

14 7月 2011

鋸天牛

Posted by fische on 07/14 at 12:24 AM
(0) CommentsPermalink

産卵管を出すノコギリカミキリのメス。

2009年8月22日夕方5時半ころ、庭のエゾヤマザクラの幹の根本付近に認め、携帯電話で写真だけ撮り、放置していた現象の何たるかが、さきほどインターネットで調べものをしていて偶然ここにいたり判明。およそ2年ぶりの氷解。

categories: insect • tags:

27 7月 2010

短い夏は、急ぎ足で過ぎてゆく。

Posted by fische on 07/27 at 02:47 AM
(0) CommentsPermalink

峠付近の、
緑深い場所にさしかかると、
白い蝶が舞っていた。
エゾスジグロシロチョウだっただろうか。

それは、群舞というほどではなかったが、
自動車にぶつかって落ちた蝶も
路上に多く認められ、
ふだんのようすと異なって見えた。

植物学者は山に入っているのだろうか。
昆虫学者は山に入っているのだろうか。
往路、
ありふれた相の林を見やりながら、
そう思っていた。

帰路、
自転車を傍らに止めた、
大きな白い捕虫網の人を見た。
わたくしがこの世にいることを知った。

気づかなかったけれど、
鉄床雲は、
きっとどこか遠くから、
こちらを見ていたはずだ。

短い夏は、
急ぎ足で過ぎてゆく。

categories: insect meteor season • tags:

19 7月 2010

いずこへ。

Posted by fische on 07/19 at 03:15 PM
(0) CommentsPermalink

categories: insect • tags:

Page 1 of 2 pages  1 2 > 
考古学の風景

Twitter

Facebook

    text

Stats

  • Viewed 150919 times
  • Rendered in 1.7188 seconds