Category: cycling

3 8月 2013

夏の遺骸

Posted by fische on 08/03 at 02:13 AM
(0) CommentsPermalink


路上に落ちる蝶。海風が翅を回転させている。

7月28日、ミヤマカラスアゲハは触覚も身体もある。クルマに撥ねられたのだろう。7月30日、エゾスジグロシロチョウには身体がない。鳥に食べられてしまったのだろうか。先日のオオミズアオも想起して。

美しい。

categories: cycling insect season • tags:

13 5月 2013

立夏

Posted by fische on 05/13 at 04:03 AM
(0) CommentsPermalink


きのう、の田で。水が入り、マンサクの長い影を面に映す。田植えもほぼ済む。手前端に列ぶ苗の束は、機械植えができず、手植えするために置かれているのか。(写真上)
前候「蛙始鳴」のとおり蛙が鳴いている。一匹、慣れない調子で。お! 直弧文! (写真下)

categories: botany cycling season • tags:

4 9月 2008

白露

Posted by fische on 09/04 at 02:24 PM
(0) CommentsPermalink

imageひさしぶりに、家の近く―ピットカリ川周回の道を走る。イナゴやトノサマバッタが飛び、キリギリスが鳴く。オホーツク連山は秋の雲の下。

categories: cycling • tags:

11 6月 2008

青いマウンテン

Posted by fische on 06/11 at 01:49 AM
(0) CommentsPermalink

8日、自転車後輪がパンクする。刑務所向かいの川道を走っていたとき、シューッと空気の抜ける音が聞こえ、ジ・エンド。9日、自転車屋に預ける。チューブの交換までにはならず、いわゆるパンク修理で済む。夕方にはできあがり、試乗してOK。実は、少し前から後輪に違和感があり、それを見てもらうために5月21日に預けたことがあったが改善されず、この際前輪後輪を入れ替えてももらった次第。後輪の違和感はなくなった。そして昨日10日、レイクサイドパークまで移動していざ走らんとすると、前輪の空気が抜けている。脱力感。町まで戻って自転車屋にゆき、また預ける。こんどはチューブの交換となり、その後走る。店の人が、「青いマウンテン」と呼んでくれていた。

categories: cycling • tags:

16 5月 2008

湖畔の道

Posted by fische on 05/16 at 05:32 PM
(0) CommentsPermalink

image開花後、雪が積もったり、寒かったりで、今春の桜は長かったです。ようやく散りはじめました。

imageそしてまた、「湖畔の道」をゆきます。

categories: cycling season • tags:

Page 1 of 5 pages  1 2 3 >  Last ›
考古学の風景

Twitter

Facebook

    text

Stats

  • Viewed 150902 times
  • Rendered in 1.6875 seconds