Category: miscellaneous

24 1月 2006

豪雪 山里を襲う

Posted by fische on 01/24 at 01:28 AM
(0) CommentsPermalink

NHKスペシャル」22 日放送分と24日再放送分とを見る。科学を装いデータを揃えて分析するわけではなく、かと言って「世界遺産」のごとく声高に何か訴えるわけでもなく、新潟県津南町と秋田県上小阿仁村のひとびとを淡々とモンタージュし、さまざまな問題を横断する誠実かつ硬派なドキュメンタリー。行政から一時避難を勧められるも、「家の雪かきさえしていれば、この村に居るのが安全」との旨の上小阿仁村の人の弁は、道路(!!)の除雪とその予算に腐心する行政と好対照である。 NHK取材陣の声もときおりまじる。明示されることはなかったが、取材先の身の回りの除雪などを手伝ったりしていたに違いない。近年接する機会のなかった、静かで深いドキュメンタリーだった。岐阜県徳山村を思い出しもした。

categories: miscellaneous • tags:

1 12月 2005

フールス紙

Posted by fische on 12/01 at 01:23 AM
(0) CommentsPermalink

以前、丸善に行くと、普通にしてあった所謂大学ノート。クリーム色フールス紙のものが好きで、適当にまとめ買いして使用していた。その頃はT.S製。しかしいつからかMARUZEN製に変わり、白色のものだけとなった。使ってみたが、今ひとつしっくりこない。いまでは丸善に行く機会も減ってしまったが、行けばクリーム色フールス紙の大学ノートを探してみる。が、ない。長らく諦めていたが、ネット通販で入手。ただしトンボ製。表紙のデザインはT.S製の方が好みだが、よしとする。

categories: miscellaneous • tags:

18 9月 2005

Amish

Posted by fische on 09/18 at 09:52 PM
(0) CommentsPermalink

ただここのシフォンケーキが美味しいという理由で、久しぶりに訪れたよもぎ台にあるFlavorのメインショップ。知人と話をしていて、ふと、持ち帰り客が手にする袋に「Amish」とあるのに気づく。「アーミッシュ」だろうか…。ほどなく店員のコスチュームも気になるようになる。あの「アーミッシュ」だろうか…。精算時、レジにあったカタログを手にする。「アーミッシュ」だ。「信仰もそうなのですか?」と店員に質したが、そういうわけではないらしい。以前からそうだったのだろうか?いずれにしても、知らなかった。そういうお店だったんだ。コーヒーも2杯、美味しかった。

categories: miscellaneous • tags:

31 8月 2005

Wind Farm

Posted by fische on 08/31 at 12:14 AM
(0) CommentsPermalink

image稚内までのオホーツク海沿岸に、風力発電所がいくつかある。なかでも、稚内の市街地を過ぎて国道238号線から見える宗谷丘陵のそれは壮観。羽根の向きは風向きによって変わるが、海に「向かって」立つ姿はモアイのよう。そして朽ちる日を思えば、やはりモアイなのだ。

categories: miscellaneous • tags:

28 2月 2005

南セントレア市

Posted by fische on 02/28 at 02:01 AM
(0) CommentsPermalink

美浜町と南知多町の合併問題に対する住民投票、およびその合併後の新市名アンケートの結果が出た。妥当だと思う。
とは言え、あるときから「知多のウエストコースト」だとか「チッタ」だとか横文字(風)がバタバタと出て来るようになった。その延長線上に「南セントレア」はあったのかもしれない。行政区とその名称は行政の都合で変遷するものだが、決して唐突ではなかったようにも思う。
ところでそうした行政上のこととは別に、この地域の地名はいまどうなっているのだろう。野間、若松、山海、内海、豊浜、師崎などすぐに思い出せる比較的大きな単位のものはよいとして、豊浜の小佐の「火穴」「ソカ」「鯨脇」や、カニの爪の化石が出る師崎の俗称「狭」というところ。先苅という名の遺跡もあった。地形や景観が変えられていけば、こうした地名も忘れられ、いずれ無くなってしまうのだろう。そこに暮らす人の生活が変われば地名は変わる。

categories: miscellaneous • tags:

Page 15 of 16 pages ‹ First  < 13 14 15 16 >