Category: miscellaneous

9 6月 2011

知多逍遥遊

Posted by fische on 06/09 at 02:36 AM
(0) CommentsPermalink

  • 鯛のあら炊き、しかもカマの美味しいことを知る。家庭で作れるだろうか。
  • 子どものころ、海水浴にゆく途中に通った「小鈴谷」の地にあった暗く深い谷のような場所と船の形のビルの、現在を教えてもらう。わたしが大きくなったためか谷の深さは減じ明るくなっていたが、船のビルは廃墟のようにしてそこにあった。もう一度行こう!
  • 子どものとき、字面から「こすずだに」と呼んでいた「小鈴谷」を「こすがや」と言えるようになる。「ひぶみだに」だった「碑文谷」が「ひもんや」と言えるようになったのと同じように。もうひとつ、幼稚園、小学生の頃、市電の行き先を示す前面のプレート「大曽根」が「大冒根」に見えて、「だいぼうね」と呼んでいたこともあった。「おおぞね」と言えるようになってもなお、「だいぼうね」の音が心をよぎり、何のことだったかと記憶をたどることが長らくあった。
  • 鬼崎の海苔の美味しいことを北海道に行ってから知ったが、おなじ常滑の小鈴谷の海苔も美味しいとのことで、漁協の直売で買う。貧しても海苔とお茶はよいものを、美味しいものを、というのが母の文化だった。
  • 動物園の喧噪に対し、植物園の静寂を思う。動物園は娯楽からの牽引力を強く受け、植物園は学問からの牽引力を受けてきた、という意味。ふと、このことを口にして、それを聞いた、植物園園長をお父上にもつ、動物園の元学芸員氏が一瞬不思議そうなお顔をされたように見えた。
  • 木造三階建ての、現役の建物を見た。古そうな建物、コンクリート芸術とわたしが呼ぶ橋の欄干、親柱もたくさん。もっともっと行こう!
  • 知多半島は、大きく変わることなく、やわらかな地形を広げていた。

categories: miscellaneous town & city • tags:

5 1月 2011

恭賀新禧 2011辛卯年正月

Posted by fische on 01/05 at 01:37 AM
(0) CommentsPermalink

imageことしも『クマのプーさん』『プー横丁にたった家』からと考えていましたが、登場するウサギの性格がよろしくない設定のように思え、12月30日にツイートしたとおり、「ことしは、William MorrisのBrother Rabbit。Van Dyke Parksのアルバム「Jamp!」の題材「Uncle Remus」のBr’er Rabbitと同じ―。」
藤山一雄さんのご長男の光太郎さんが、William Morrisをお好きでいらっしゃいました。1994年にお亡くなりになられた後ですが、1997年の展覧会「モダンデザインの父 ウィリアム・モリス」の図録を奥様にお届けしました。そこからの図像です。
そしてことしは、賢治あるいはカンパネラよろしく「ステツドラア」の色鉛筆で、一枚一枚異なる色を薄く加えてもみました。
そのような次第で、本年もよろしくお願い申しあげます。母の六回忌に。

categories: miscellaneous • tags:

10 7月 2010

若くして亡くなった兵士よ。

Posted by fische on 07/10 at 02:44 PM
(0) CommentsPermalink

昨年4月におとずれて、視線が合っていたように思った兵士像。帰宅してから写真を見て気づいたこと。そのときの写真は photonest に載せてある。しかし、オート機ゆえに、ピントは微妙に彼にあっていなかった。
そしてことし6月最後の日、たずねてみた。ひとりだけ、少し向きを違えて立っている。月ヶ丘の墓地にあったときは、このような状況ではなかったのだろう。ここに移って、由来もわからなくなってしまったか、若くして亡くなった兵士よ。
image

categories: homage miscellaneous • tags:

29 4月 2010

ひろひとのひのおと

Posted by fische on 04/29 at 05:18 PM
(0) CommentsPermalink

さきの写真の、左の田から右の田に水が落ちる音と絵。この田の持ち主は、水流で畔の土が流されるのを防ぐため、陶器などで水路を囲う。廃絶されたのち、発掘されたときも、そのように理解されるだろうか。 きょうは、戦争する博物学の人の日、「あ、そう」と言う田植えする人の日。

categories: miscellaneous season • tags:

9 4月 2010

旧「赤坂町産業館」

Posted by fische on 04/09 at 12:47 AM
(4) CommentsPermalink

大垣にゆく。金生山から見ゆ名古屋駅JRセントラルタワーズ。くだんの馬具のことを想起しつつ知る、どこにでもゆけそうなことを。霞か雲かのごときサクラ、濃尾平野のあちこちに。そして、その人と「おなじ場所を」と思いながら立ち、シャッターを切る。45年後のこと。
image

categories: miscellaneous • tags:

Page 3 of 16 pages  < 1 2 3 4 5 >  Last ›