Category: literacy

26 4月 2004

現在に対する想像力

Posted by fische on 04/26 at 03:10 AM
(0) CommentsPermalink

『「文学史を読みかえる」研究会・通信』No.23(2003年8月)に、宍戸友紀「報告「谷川雁の詩語轢断」の報告、および、負け犬の遠吠え」(2003年6月7日 関西研究会 報告)がある。研究会は、詩人谷川雁をとりあげたものだったが、「この研究会での発言は、大別すれば「散文の発想」に基づくものが多く、「詩の発想」の側はその存在を主張できないまま、いわば不戦敗を喫した」と言う。後者に属する著者であるがゆえにタイトルは「負け犬の遠吠え」とされて、谷川雁の評価、著者の詩論が展開されている。

categories: literacy • tags:

21 4月 2004

虚構のなかで日常をつくる

Posted by fische on 04/21 at 04:56 AM
(0) CommentsPermalink

武藤直路氏の著書『スタイリストになるには』(2000年)は、ぺりかん社の「なるにはBOOKS」の中の1冊だが、HOW TO本という性格を超えたおもしろさがある。

categories: literacy • tags:

24 3月 2004

最首悟「山本義隆『磁力と重力の発見』を読む」

Posted by fische on 03/24 at 11:32 AM
(0) CommentsPermalink

人間関係学科紀要編集委員会編『現代社会関係研究2003』和光大学人間関係学部紀要・第8号第1分冊、和光大学人間関係学部、2004年に接した。就中、最首悟の書評「山本義隆『磁力と重力の発見』を読む」は2ページの小作品だが、その結語は、「本書は1936年のフッサールの『ヨーロッパ諸学の危機と超越論的現象学』と照応する位置を占めるもの、と言ってよいと思われる」。圧倒的な賛辞。

categories: literacy • tags:

Page 2 of 2 pages  < 1 2