Category: literacy

3 2月 2017

句集 柿日和

Posted by fische on 02/03 at 06:00 AM
(0) CommentsPermalink


句集をいただく。わたしの貧しい書架にはじめて、句集がそなわった。

俳人は山口県岩国市由宇町におすまいの柿村新樹先生。1995年に展覧会「新博物館態勢」を名古屋でおこなった翌年、由宇町で藤山一雄の展覧会とわたしの講演会の実現に奔走された村田昭輔先生である。2006年、下関の梅光学院大学で講演したときは、由宇町で参加者を募り、バスをチャーターしておいでいただきもした。ふだんの往き来はなかったが、おととし旧年と、拙著をお送りしたことへのお返事だったと思う。

藤山一雄の原体験は生家から見えるその景色にあるのではないかとの旨、わたしが拙く申しあげたとき、村田先生はわたし以上によく理解してくださったように感じることがあった。そのゆえんを、句集のご恵贈でようやく知る。(いま言いなおせば、V字形の陸地の向こうに拓ける瀬戸内海が、幼少期の藤山一雄に、文字通り〈世界〉への希求をもたらしたのではないか、ということ。)

柿村先生は、鷹羽狩行先生のご門下との由。わたしには未知の体験にときめく。他人様の作品や、それに対する添削に接して愉しんできたが、詠み散らかしたものどもを集め返してみて、そのときどきのわたしを顧みてみようかしら。

これは第三句集。さきほど、古書だが、第二句集「島影」をネットで注文したところ。(つづく)

柿村新樹句集『柿日和』(かきびより) - ふらんす堂オンラインショップ

categories: books culture haiku literacy • tags:

10 1月 2008

風の考古学

Posted by fische on 01/10 at 12:43 AM
(0) CommentsPermalink

静岡の中西道行さんから、きのう、『風の考古学』がとどいた。中西さんの文と歌を一冊にまとめた私家版。1983年、岡本俊朗さんが亡くなり、その遺稿追悼集に寄せていただいた「みおつくすまで・・・―岡本俊朗追悼―」もある。
小さな土器片の拓本をとり、断面図をとり、トレースし、レイアウトし、定型化した文章を書き・・・、そうして実現していたこととは、実は考古学ではなかったのかもしれないと思えてくる。まだ、10代後半、20代前半。それは、ごくごく小さく狭い世間しか持たない私が、世界につながるための橋頭堡だった。やがて世界に出で、そこは広いように見え、それに見合うべく私を備えていく。けれど、やはり世界は土器片でつながっていた。(そのようなことを思わせる読書です。)

風の考古学
中西道行
2007年11月26日発行
B5判 218ページ

categories: archaeology literacy • tags:

9 3月 2007

a final income tax return

Posted by fische on 03/09 at 02:55 AM
(0) CommentsPermalink

ただいま確定申告をする。今回から、e-Tax (国税電子申告・納税システム)を利用。車で走って10分もあれば行ける税務署なのに、国民総背番号制なのに、あと何年も生きられるわけでもない、となれば浮世の最新テクノロジー、その一端に触れてみましょう、と相成った次第。昨春、事前の準備は面倒くさかったものの、整えてしまえばたいへん便利。

categories: literacy • tags:

10 4月 2006

セロ弾きのゴーシュ

Posted by fische on 04/10 at 04:35 AM
(0) CommentsPermalink

宮澤賢治原作・畑中純版画『版画本 セロ弾きのゴーシュ』(響文社、2005年)を読む。なんてよいお話、版画なのでしょう。

categories: literacy • tags:

26 4月 2004

現在に対する想像力

Posted by fische on 04/26 at 03:10 AM
(0) CommentsPermalink

『「文学史を読みかえる」研究会・通信』No.23(2003年8月)に、宍戸友紀「報告「谷川雁の詩語轢断」の報告、および、負け犬の遠吠え」(2003年6月7日 関西研究会 報告)がある。研究会は、詩人谷川雁をとりあげたものだったが、「この研究会での発言は、大別すれば「散文の発想」に基づくものが多く、「詩の発想」の側はその存在を主張できないまま、いわば不戦敗を喫した」と言う。後者に属する著者であるがゆえにタイトルは「負け犬の遠吠え」とされて、谷川雁の評価、著者の詩論が展開されている。

categories: literacy • tags:

Page 1 of 2 pages  1 2 >