18 2月 2008

〔承前〕戦前昭和にも。

Posted by fische on 02/18 at 04:30 AM
(0) CommentsPermalink

image帝冠様式もバス停の前の日常だった。出来て30年ほどの頃のこと。市役所の方が好きだった。
ただいまはそれより長い時間がも過ぎ、この間ここは、交渉にゆく場となり、さらに職場になったりもした。

categories: town & city • tags:

17 2月 2008

江戸時代に居た。

Posted by fische on 02/17 at 02:16 AM
(0) CommentsPermalink

imageこの石垣を眺めながら中学校に通った。3年間、江戸時代のなかに居たことをいまあらためて知る。正確には江戸時代の遺跡だが、そのようにして考えてゆくと、みな何らかのかたちで、明治・大正、江戸時代は無論のこと、古墳時代や縄文時代でさえもが身のまわりにあり、そのなかに居ると言える。石垣などは顕示的だからわかりやすいが、ナントカ新田だったりすると、立っている地面がそれだからほとんど暗示的となる。風景は累積的、重層的だということを、長久手の「首塚」をたずねたときふと思ったが、ここでもまた思うことになる。もちろん、そのように思われなければ、風景は累積的、重層的とはならず、単に昭和のあるいは平成の平たい一シーンに過ぎない。だから、古きも新しきも分節化されることなく渾然一体となりぼくたちを規定している、とぼくは思うのだ。

categories: town & city • tags:

song nest

Posted by fische on 02/17 at 02:15 AM
(0) CommentsPermalink

ついでに song nest も、タイトルのリストのみ再開。

categories: notes • tags:

16 2月 2008

ビル街遺跡

Posted by fische on 02/16 at 05:49 AM
(0) CommentsPermalink

image私の人生で最初の本格的な本屋さんが星野書店。小学校で教えられたはず。
先日、名古屋の中心街を歩いていて、そのまだ新しい空き地に遭遇することになる。知った本屋がなくなったことより、見ることのなかった周囲のビル、その壁面に見入る。まるで発掘したかのような露出、検出。最奥が名古屋国際ホテル。

categories: town & city • tags:

photo nest

Posted by fische on 02/16 at 02:59 AM
(0) CommentsPermalink

しばらく放置していたphoto nestを再開しました。ExpressionEngine の Photo Gallery Module や他のツールを使うことも考えていたのですが、一切やめて、とても単純にしてみました。ぼちぼちとアップしてゆきます。どうぞよろしく。

categories: notes • tags:

Page 54 of 79 pages ‹ First  < 52 53 54 55 56 >  Last ›