1 5月 2005

稚内港北防波堤ドーム

Posted by fische on 05/01 at 11:58 PM
(0) CommentsPermalink

image稚内港北防波堤ドームである。二度目の稚内行きで、近くから遠くから見直してみた。1936年竣工であるにもかかわらず違和感は払拭されぬ。やはり1980年の改修工事のせいか。もう別物になっていると言ってよいだろう。概要は、こちらのサイトにて。

categories: town & city • tags:

29 4月 2005

雷雨

Posted by fische on 04/29 at 09:14 AM
(0) CommentsPermalink

ただいま雷雨。ああ、いいなあ。...listen

categories: meteor • tags:

28 2月 2005

南セントレア市

Posted by fische on 02/28 at 02:01 AM
(0) CommentsPermalink

美浜町と南知多町の合併問題に対する住民投票、およびその合併後の新市名アンケートの結果が出た。妥当だと思う。
とは言え、あるときから「知多のウエストコースト」だとか「チッタ」だとか横文字(風)がバタバタと出て来るようになった。その延長線上に「南セントレア」はあったのかもしれない。行政区とその名称は行政の都合で変遷するものだが、決して唐突ではなかったようにも思う。
ところでそうした行政上のこととは別に、この地域の地名はいまどうなっているのだろう。野間、若松、山海、内海、豊浜、師崎などすぐに思い出せる比較的大きな単位のものはよいとして、豊浜の小佐の「火穴」「ソカ」「鯨脇」や、カニの爪の化石が出る師崎の俗称「狭」というところ。先苅という名の遺跡もあった。地形や景観が変えられていけば、こうした地名も忘れられ、いずれ無くなってしまうのだろう。そこに暮らす人の生活が変われば地名は変わる。

categories: miscellaneous • tags:

6 1月 2005

散策

Posted by fische on 01/06 at 10:48 PM
(0) CommentsPermalink

謹賀新年。ふと思い立ち、昼前に寄宿先を出て、名古屋の栄から大須界隈、上前津から記念橋を経て鶴舞公園までを歩く。正月明けの平日だからか人影はまばら。
西別院で、かつて後園にあった梅昌院ほかの墓碑が、場所を移しながら境内にいまもあることを改めて知る。その後園とは、大須二子山古墳の墳丘でもあったところ。ここから少し離れた西大須ビルはいまも健在。終戦後の写真では、ひときわ高く立っていたビル。いまでは林立する高層ビルを見上げるばかり。
鶴舞公園。特に外部の視線で歩く。噴水塔、普選壇、奏楽堂、公会堂は定番。「あの銅像は何だったのだろう」と行った先にあったのは、加藤高明の銅像の台座。銅像本体は戦時中に供出され、台座だけが立っていた。
公園の隣は名工大。構内に一本松古墳。附属図書館に埴輪。初めて来たかも知れない。さらに名大病院。汪兆銘の梅を探して院内数カ所を尋ねた結果、いまは大幸の分院に移植しているとのこと。計画は定かでないが、帰ってくるとしたら十数年後になるらしい。生きていられるだろうか。
鶴舞公園に戻り、動物園の故地へ向かう途中のベビーゴルフ場。幼時の記憶にある。ここが、かつては鯱ヶ池という池だったことを初めて知る。そして、動物園跡でこのツアーは終わり。雨もパラついてきた。地下鉄に乗って、友人に会いに行く。
この日歩いたコースには古書店がいくつかある。いつも予期せぬ出会いがあり、30年前の気分にさせてくれた本を買ってしまう。また、地形図で眺めていた土地の起伏が、路地の先やビルの向こうに現れ消える。さらに、あちこち緑輝くクスノキ。どのようなテーマパークやミュージアムよりも神秘的だ。

categories: miscellaneous • tags:

20 11月 2004

西求女塚古墳

Posted by fische on 11/20 at 12:40 AM
(0) CommentsPermalink

ニュースによれば、神戸にある西求女塚古墳が国指定史跡になるという。この古墳は、1992・1993年の第5次調査で地震で崩れた竪穴式石室が検出されて、私には、三角縁神獣鏡や中国鏡の発見よりも興味深いことだった。その後しばらくして阪神淡路大震災が起きるが、このときも西求女塚古墳のことを繰り返し思いおこしていた。大学に入学したての頃、神戸から通う同学の案内で、神戸の古墳を見学したことがあった。このときのコースに、この古墳は入っていただろうか。いや、なかったように思う。憶えているのは、須磨方面に行ったということ...。
西求女塚古墳の報に接して、ナショナル前方後円墳体制イズムや、東海地方あたりの前方後方墳「ナショナリズム」が脳裏をよぎっるのは煩わしいが、外部から眺める風景に浮かぶのは、案内してくれた彼や赤松啓介氏...友人、知人、そして私自身である。

categories: archaeology • tags:

Page 77 of 79 pages ‹ First  < 75 76 77 78 79 >