31 3月 2012

書体随想

Posted by fische on 03/31 at 02:39 PM

その町へゆくと、忘れていなければそこを通りその看板を見る。書体には1920年代の雰囲気があるが、戦後のものだろうと思いながら。

古い写真で、鳴海の貝塚に建てられていた標識に、強い装飾の書体が使われているのを意外な感じで見たことがある。“考古学の遺跡に?!この書体?!”と不意を突かれたような感じだった。昭和2年の遺跡発見から間もない頃の撮影であろう。観光ための施設がそこにあったと聞いたことはないが、その町では名所旧跡すなわち観光地的な場所だったのかもしれない。これに比べるとクリーニング店の書体はおとなしく、時代の下ることが想像されたのである。

思えば書体に煩わされてきた。古くは書道、意識的になったのは高校生の頃の孔版印刷において。その技術向上をうたい、明朝体やゴシック体を手書きで成した。鉄筆と鉄板、ろう原紙、修正液。ボールペン原紙というのも現れた。友人の手になる冊子はよくできていると当時思ったが、後に見たプロのそれ *1 *2 には趣があった。

大学でブランケット判の新聞を作っていたとき、入稿のため訪れた町工場で、工員が活字を拾い組んでいるところを見た。システム!--両腕を伸ばし広げた範囲の孔版印刷とは異次元の別世界がそこにあった。

1980年代になり、職場の和文タイプを一瞬経験するが、じきに専用機やパソコンソフトでワードプロセッサが登場し、書体は造作ないものとなる。いわゆる「民主化」であった。いま、手書きの書体を愛でる言辞に接することがあるが、この「民主化」と表裏一体の自家撞着である。

2010年5月、クリーニング店はなくなっていた。

categories: miscellaneous town & city • tags:


Name:

Email:

Location:

URL:

Smilies

Remember my personal information

Notify me of follow-up comments?

Submit the word you see below:


<< Back to main