31 1月 2008

冬の古墳

Posted by fische on 01/31 at 04:47 PM

thumbnail image〔テキスト後補〕きょうは天気がよく時間もあったため、かつて発掘され公園になっている古墳にゆく。近くの公民館で門扉の鍵を借りる、なかばclosed system。墳丘裾を囲繞する復元の円筒埴輪が焼きもののため、盗難や破損を避ける措置だろう。外から見えないようにフェンスも備わっている。この焼きものの円筒埴輪、私(わたくし)小説的には個人名が想起されるが、それももう世人には無関係のこと(このまちに住んだあの考古学研究者も亡くなってしまった)。そうであるがゆえに、土盛り(墳丘)があり、その斜面に石(葺石)があり、周囲に焼きもの(埴輪)がめぐるという構造だけが普く及ぶ。サブカルチャー考古学。来るミヤザキコーヘー以前に形成されきたった構造。

categories: moblog • tags:


Name:

Email:

Location:

URL:

Smilies

Remember my personal information

Notify me of follow-up comments?

Submit the word you see below:


<< Back to main