24 6月 2013

いゆきかへらふ

Posted by fische on 06/24 at 02:36 PM

吉田富夫先生の長身でハンサムなこと !

吉田先生の若い頃の写真は多くを知らないが、別の写真と撮影時期を近しくすると思われる。こちらのほうが後出か。右から、藤森栄一、杉原荘介、吉田富夫、江藤千満樹、中村春寿の各氏。(「京大にて、左から栄一、杉原、吉田、江藤、中村の若き考古学徒たち」宮坂勝彦編『信州人物風土記・近代を拓く 第一期全二十二巻』第9巻(可能性にこそ/藤森栄一)、株式会社銀河書房、1989年5月30日、66-67頁。)

なおこの写真は、「杉原荘介記念室」に転載されていて、文中「撮影 藤澤一夫先生 ドイツ製アルピン蛇腹カメラにて撮影 昭和15年頃」とある。これが正しければ、昭和5年の西志賀貝塚発見以降続けてきた自身の弥生土器研究を、杉原荘介氏との共著「東海地方先史時代土器の研究」『人類学・先史学講座』第13巻、雄山閣、1939年12月26日、1-51頁、で総括した直後の撮影であり、吉田先生の戦前の活動がピークを迎えた時期にあたる。

さ、考古学 LOL

―― On the day of the content-certified mail.

categories: archaeology homage • tags:


Name:

Email:

Location:

URL:

Smilies

Remember my personal information

Notify me of follow-up comments?

Submit the word you see below:


<< Back to main