27 2月 2010

凧のこと

Posted by fische on 02/27 at 11:05 AM

中日新聞のウェブサイトに名古屋の凧に関する記事があり、こどもの頃わが家に、「あぶ凧」と呼んでいた和凧のあったことを思い出した。

どこかの商店街のお店(凧屋)の、透明ガラスがはまった戸のむこう、暗い部屋のなかに大きな凧がいくつか壁にかかっていた。東枇杷島か押切。これを見て欲しがったのであろう。ここで父親が買ってきてくれて、庄内川の堤防で母親とあげた。ぶーん、ぶーん、うなる凧。
どこだっただろう。父親に電話して聞くと、押切だという。宮宇のある通り。話していて、「たこしげ」ということばが不意によみがえり、「凧重」、否、「凧茂」という文字も浮かんだ。父親の記憶によると、凧には大・中・小があったとのこと。
電話を終え、インターネットで検索すると、押切に「凧茂本店」。店構えは新しくなっているがここ。「たこしげ」ではなく「たこも」だった。「東枇杷島か押切」と憶えていたのは、おなじ通り(美濃路)沿いで印象がおなじだったため。家にあったのは蝉のかたちだったから、あぶ凧ではなくせみ凧。名古屋に特有の凧であったことを、ようやく正しく知った次第。
(これとは別に、長方形の大きな和凧が、わが家にあった時期もある。これも凧茂で買ってきてくれたのだろうか。)

categories: miscellaneous • tags:


Name:

Email:

Location:

URL:

Smilies

Remember my personal information

Notify me of follow-up comments?

Submit the word you see below:


<< Back to main