8 10月 2009

颱風の夜に。

Posted by fische on 10/08 at 03:59 AM

自動車1台が通れるほどの通り。夕陽の照射も若干。人家の玄関先、庭先をゆく。路地である。人の息づかいが聞こえて来るような、と書かれるのだろうが、聞こえるわけではない。しかし、家の外に居るように思えないのは、両肩、両腕に感じる気配のせい。森や林に居るときのそれではない、街のそれである。抽象的には、社会、歴史。このなかでこそ、わたくしは生きて、歩いている。街に計画性など微塵もなく、あったとしても仮構で、スプロールの妙、美が発見される。それが、社会、歴史という自然である。瀝青の継ぎ接ぎも、トタンの錆も、美しい自然。生物多様性は死物多様性に支えられてある。そして、路地をぬけた先にあるものは、山の向こうにあるもの、谷をぬけるとあるもの、峠を越えるとあるものと同じだと思う。4日夕方、待ち合わせの時間まで、駅西、駅裏を徘徊したときのことを、颱風の夜に。
image

categories: town & city • tags:


Name:

Email:

Location:

URL:

Smilies

Remember my personal information

Notify me of follow-up comments?

Submit the word you see below:


<< Back to main