Skip to content →

タグ: 飯尾恭之

発掘50年補遺

写真と記憶とから先の記事を書いたが、見晴台遺跡第8次発掘調査参加を記録した当時のノートが出てきたので、記事に関係する部分のみ引用しつつ、以下に補遺する。

  • 私が参加したのは、8月15日(金)全日、同17日(日)全日、同19日(火)午後半日。
     ­
  • 8月15日:8–3トレンチ(1) 担当。

吉田先生は、「ここは、住居址だとすると、わざわざ黒土をしいたのだろう。」とおっしゃった。
また川田中の先生は、「これから発掘していくのなら、隅丸方形の住所址と考えていくといい。」とおっしゃっていた。

  • 8月17日

飯尾恭之さんが来た。

  • 8月19日:8–5トレンチ(2) 北側担当。

岡本さんに見せたら、彼は、三渡先生に見せた。

そのあと桜台高校でコンパがあり、ぼくは2日半発掘参加したので1000円もらった。

「川田中」は川名中の誤記。「川田中の先生」は川名中の荒木実先生のこと。

ノートから、全期間参加していなかったこと、岡本さんとは、会っただけでなく同じトレンチで作業し、指導を乞うていたことなどがわかる。

なお、ノートに書かれている発掘調査に関する所見などについては、別の機会に紹介したい。

  1. 「第4図 見晴台第Ⅷ次発掘区平面図」の「8–3」と同じ。吉田富夫・荒木実『見晴台遺跡第Ⅵ、Ⅶ、Ⅷ次発掘調査概報』、財団法人荒木集成館、1992年7月1日、5頁。 []
  2. 「第4図 見晴台第Ⅷ次発掘区平面図」の「M5T」と同じ。同書、5頁。 []
Leave a Comment

発掘50年

「発掘五〇年」は近藤義郎先生の著書(1) のタイトルだが、先生の充実した考古学研究のそれとは異なり、私の「発掘50年」は、50年前、はじめて発掘調査に参加したということにすぎない。のちに就いた仕事が「発掘をしない考古学」だったこともあり、発掘との濃厚な関係はできずじまいだった。

50年前、名古屋市南区にある見晴台遺跡の第8次発掘調査に参加した。学校単位の募集や、学校のクラブ顧問引率による参加ではなく、この年の春、偶然お会いした飯尾恭之氏に紹介されて得た機会だった。1969年8月13日から8月19日まで、台地東側の低地でおこなわれた調査(2) に、全期間参加したかどうか忘れたが、最終日のことを憶えている。

その日の夕方近く、台地斜面の道路脇に試掘坑が設けられ、一群の人がそこを囲んでいた。調査はもう終わるのに掘っていた。試掘坑は一坪に満たない狭いもので、中で男性がひとり一生懸命掘っているのである。俺がやります!という感じで。その人は、その日だけ、その時だけ参加していて、けれどみんなの知り合いらしく、和気あいあいとした雰囲気がそこにあった。岡本俊朗氏だった。紹介されて言葉を交わしたかどうか、誰かに教えてもらったのか記憶にないが、そのときはじめて岡本さんを見た。

そのあと、1983年に急逝されるまで交流があったにもかかわらず、第8次発掘調査のときのことを、「あれは岡本さんだったですよね」と聞かないまま過ぎてしまった。(いや、聞いただろうか・・・。)

見晴台遺跡の発掘参加から50年。考古学の人に出会って50年。それにことよせて、昨年度と今年度の見晴台遺跡発掘中止について、別のサイトに書いてみた。どうぞご一読のほどを。
「市民発掘 過渡期迎え中止」を読んで

※写真は見晴台遺跡第8次発掘調査の平板測量の光景。筆者撮影。

  1. 近藤義郎『発掘五〇年』、株式会社河出書房新社、2006年1月20日、参照。 []
  2. (岡本俊朗編著)『―第20次記念―見晴台遺跡発掘調査のあゆみ』、名古屋市見晴台考古資料館、1981年7月20日、25–26頁。 []
Leave a Comment

堀越町遺跡48年

1970年6月8日――48年前のきょう、東洋レーヨン(名古屋市西区)のグラウンドでおこなわれていた工事で、遺物が出土しているのを確認した。月曜日、学校帰りのバスから、土が掘り上げられているのを目撃し、帰宅してすぐ現地に駆けつけてのこと。自宅から300メートルほど、バス停1区間あるかないかの極々近所だった。

ここに遺跡があることは、前から知られていた。特に、その年の3月に刊行されたばかりの『名古屋の史跡と文化財』に、「(略)船人夫町東洋レーヨン運動場内にも、同じころの貝塚が並び存したことが知られている(1) 」と書かれてあるのを読んで、私の注意も向いていたのだろうと思う。

遺物の発見を飯尾恭之さんに報せ、飯尾さんは現地を調査された。さらに飯尾さんから吉田富夫先生に情報がもたらされ、その年に吉田先生が来宅、出土遺物を実見、調査された。

翌1971年から始まった新聞連載『遺跡ここかしこ』で吉田先生は、「弥生中期以降の堀越町東レ球場(2) 」と書かれている。先の調査成果を踏まえ、それまで5世紀ごろと思われてきた遺跡の時期が遡るとともに、地名表記が「船人夫町」から「堀越町」へと変わり、「貝塚」という言葉も消え、「船人夫町貝塚」の名称がなくなった。今風に言うと、これは「遺跡のデータベースのフルモデルチェンジ」であり、その意味において、堀越町遺跡(3) の「発見」であった。

ところで、新聞連載が一書にまとめられたとき、この記事に「第84図 堀越遺跡 須恵器」というキャプションをもつ写真が添えられた(4) (上の写真)。就職後、機会を得て同書編集の実務に携わった人に聞いたところ、吉田先生が撮影した写真を使った旨教えられた。それならばそれは、吉田先生が私の家で撮られたもの。1973年以前、石膏で修復する前のこの須恵器・横瓶を、このアングルで撮影したのは吉田先生だけであった。須恵器の後ろには私や部屋の一部が写っているに違いなく、そのままでは本の挿絵としては都合が悪いため、須恵器だけが切り抜かれて背景を墨ベタにしたものと思われる。

それからずいぶん経ってグラウンドはなくなり(5) 、なにかの機会に名古屋市教育委員会による発掘調査がおこなわれて、弥生時代前期の遺物が出土したと聞いた。ついでながら、私たちが暮らした家も、2014年7月にその前を通って見たのを最後に、8月31日に行ったときには更地となり、跡形もなく消えていた。

  1. 吉田富夫「則武向貝塚・船人夫町貝塚」『名古屋の史跡と文化財』、名古屋市教育委員会、1971年3月1日、24頁。 []
  2. 吉田富夫「則武向貝塚(西区)」『中日新聞』第10681号、1972年2月19日、10面。 []
  3. 飯尾恭之・犬塚康博「名古屋市堀越町遺跡調査概報」『古代人』第24号、名古屋考古学会、1972年9月15日、13-22頁、参照。 []
  4. 吉田富夫「第七五話 則武向貝塚(西区)」吉田富夫・大参義一『名古屋の遺跡百話』(文化財叢書第61号)、名古屋市教育委員会、1973年11月30日、45頁。 []
  5. 『名古屋都市計画基本図』によれば、平成17年(2005)の基本図にグラウンドはあるが、平成22年(2010)にはなく、新規に大型建物2棟が見られる。ちなみに同地には、平成22年4月15日にバロー堀越店がオープンしている。 []
Leave a Comment

諏訪山遺跡

6月になったので、ためてしまった手紙を書き、きのう夕方、犬の散歩をしがてら投函する。

諏訪山遺跡――。『緑区の歴史を学ぼう会会報』を送ってくださった堀崎先生に礼状を書きながら思い出す。

公共施設を作る工事でこの遺跡が破壊されたとき、飯尾さんについて現場を見にいった。日曜の午後だったろうか。古墳時代の土師器の高杯があらわれていた。脚部の裾が屈折して外へ広がるタイプの、赤褐色を呈する高杯だった。高杯は、土がついたままビニール袋に入れて、帰りに寄った飯尾さんの実家に託した。

現場を去るとき、遺跡のある丘陵が夕闇に黒く浮かんでいた。

公共施設なのに遺跡を破壊するのか、と思ったことを忘れない。緑区役所だとすると、1974年1月に現在地へ移転したから工事は前年の1973年となるが、もう少し前だったような気がする。別の施設かもしれない。

吉田富夫先生は、諏訪山遺跡について「弥生後期の土器を出したが、この時期にこのような高い丘陵に占拠するのは珍しい(1) 」と書いて高地性遺跡を示唆されていたが、高杯は少し時代の下るものだったため、異なる印象を抱いたことを憶えている。

ふと思う。あの高地性遺跡体験のポテンシャルが、約10年後――たったの10年後――の東谷山山頂遺跡体験につながっていたのだろうか、と。

  1. 吉田富夫「諏訪山遺跡」『名古屋の史跡と文化財』、名古屋市教育委員会、16頁。 []
Leave a Comment
Top