Skip to content →

月別: 2018年7月

浜辺


あしたでもなく、ゆうべでもなく、そこにいるのがわたくしでもないけれど、「浜辺の歌」。

あした浜辺を さまよえば
昔のことぞ しのばるる
風の音よ 雲のさまよ
寄する波も 貝の色も

ゆうべ浜辺を もとおれば
昔の人ぞ しのばるる
寄する波よ かえす波よ
月の色も 星のかげも

(3番は異説多く煩瑣ゆえに省略。)

View this post on Instagram

Sea of Okhotsk

A post shared by INUDZUKA, Yasuhiro (@inudzukayasuhiro) on

Leave a Comment

midsummer day

髪を切りに行った帰り思い立ち、久しぶりに川沿いの道を自転車で走る。いまは何の花の季節だろうと思っていたら、コオニユリの咲いているところに出くわす。駅前の郵便局にも寄って、きょう発売のふみの日の切手を買い、見あげると夏らしからぬ空。大暑の初日。

Leave a Comment

惣兵衛川


東枇杷島に住んでいた頃、身近に惣兵衛川はあった。その川が美しかったという記憶はないが、この写真1 の惣兵衛川は美しい。1972年以前、庄内学区での撮影である。

田に水が入る頃になると、惣兵衛川は水を満々と湛え、水はゆっくりと流れた。八月の盆、精霊流しの頃も水は満ちていた。いまでは、この写真のようにオープンな景色を見ることはできない。

  1. (写真)「妻問い伝説の惣兵衛川」『創立百周年記念 庄内』、名古屋市立庄内小学校、1973年2月1日、185頁。 []
Leave a Comment

荘子の視線

Leave a Comment
Top