コンテンツへスキップ →

堀越町遺跡拾遺

堀越町遺跡のことをおさらいしながら、気づいたことを少し。

1970年の初日の1枚を除いて、この遺跡の写真を撮ってこなかった。写真熱が冷めていたからなのか、あまりにも近所だったからなのか――。東洋レーヨンのグラウンドの風景は撮ったような気もするが、定かでない。

かわりに、遺跡を学区にもつ庄内小学校の『創立百周年記念 庄内』に載るグラウンドの写真2点(1) を掲げる。この景色は、私が知るのとほぼ等しい(上の写真、並置は私による)。

写真2点は、グラウンド西角の庄内川左岸堤防上から東方を見た、北半分(同書145頁、上の写真の左、下の図の赤色)と南半分(同書65頁、上の写真の右、下の図の青色)である。同じ時の撮影と思われ、南半分近景のバックネット左端が切れているが、遠景は連続しているように見える。1枚の写真とも見まがうが、別カットであろう。

北半分の左方、グラウンド後ろに名古屋市水道局城北下水ポンプ所、右方に東レの煙突が見える。

南半分の写真には、左端グラウンド上方に東レの西門、正面の遠くに国道22号線沿い同社4階建ての社屋が見える。右のさらに遠方の塔は、西消防署の望楼である。

1970年の工事は、グラウンドの東辺に沿うネットの手前、写真左側(北)から右側(南)へと掘削しておこなわれた(上の図のグランド内右側、黄色の縦方向帯状部分)。

  1. (写真)「船人夫町貝づかあと(東レ運動場)」・(写真)「船人夫町貝塚址(東レ運動場内)」『創立百周年記念 庄内』、名古屋市立庄内小学校、1973年2月1日、65・140頁。

カテゴリー: archaeological studies

3件のコメント

  1. 坂本明義 坂本明義

    Inudzuka様
    過去の思い出の場所を探っていたら
    このサイトにたどり着きました。
    幼少期に亡き、父が撮影してくれた写真で
    こちらの右側とほぼ同じ角度のを持っています。
    こちらの記載写真をダウンロードして
    フェイスブックにアップさせてください。
    よろしかったら
    私の持っている写真を
    メールで送ります。許可、お返事連絡
    お待ちしております。

    • fische fische

      坂本明義さま
      コメントありがとうございます。当方掲載写真のダウンロードと掲載について、もともと『創立百周年記念 庄内』にあったものですからその旨記してくださればよろしいかと思います。
      同じ角度と言いますと、ご尊父さまは同書を製作したときの有縁の方でいらしたのでしょうか。写真を拝見できると幸いです。では失礼します。
      犬塚康博

  2. 坂本明義 坂本明義

    返答ありがとう御座います。
    実は亡き父はカメラが好きだったようで、
    当日昭和30年〜40年?位の名古屋栄や名古屋城、大須、そしてこの堀越町
    はたまた、和歌山県の何処か不明ですが
    立派な庭園があって巨大な雪見灯籠がある場所の写真を持っています。
    これらを見て場所を訪れている次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top