Skip to content →

夕日、朝日

きみは夕日を見ていた
そうぼくは思った
露地を出て国道で
沈む夕日を見ていたと

きみは朝日を見ていたんだ
そうぼくは気づいた
家に帰る道すがら
上る朝日を追いかけていた

きみの朝日は夕日のように
この心に沁みてゆく
眠りこける露地裏を
夏の終わりが通り過ぎて行った


 

Published in music

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top